【圧倒的】転職エージェントは大手と特化型の併用がおすすめな理由

転職エージェント

・転職エージェントは複数登録した方がいいの?

・同じ求人に応募した場合転職エージェントによって書類通過率に差はある?

・沢山ありすぎてどの転職エージェントを使ったらいいか分からない・・・

こんなお悩みにお答えします。

結論から言うと、転職エージェントは大手と特化型(専門エージェント)の併用がオススメです。また同じ求人に応募した場合転職エージェントによ書類通過率に差はありません。

この記事では、大手転職エージェントと特化型(専門)転職エージェントのそれぞれのメリット・デメリット転職エージェントを複数利用する時の注意点について解説します。

これを見れば多くの人が複数の転職エージェントを併用する理由が分かります。転職活動を効率よく進めたい方はぜひご覧ください!

この記事を書いている人↓

外資メーカの構造エンジニア。無職x不況でも大手企業へ転職成功、年収UPさせた実績アリ。転職回数は過去3回(重工⇒機械⇒自動車⇒再エネ)。実体験をベースに転職活動のノウハウを紹介!

ロビンをフォローする

大手エージェントと特化型(専門)エージェント

大手転職エージェントとは、幅広い業界・業種の求人を扱い、転職させた実績も豊富なエージェントです。例えばリクルートエージェント、dodaエージェントサービス、JACリクルートメントなどがあります。

特化型(専門)転職エージェントとは、ある業界専門、職種専門に特化したエージェントです。例えば、自動車業界専門でいえばクイック。機電系の職種でいえばメイテックなどがあります。

どちらが良い悪いという訳ではなくそれぞれにメリット・デメリットがあります。このため、転職エージェントの複数登録し併用することで、互いのデメリットを補い効率よく転職活動を進めることが出来ます。

大手転職エージェントの特徴

大手転職エージェントの場合は、企業と転職者の間に2人のエージェントが入ります。転職者担当と企業担当です。※JACリクルートメントは除く

転職者は基本的に同じ転職者担当のエージェントとやりとりすることになります。

大手エージェントのメリット

大手転職エージェントのメリットは、幅広い業界・職種の求人を紹介してもらえることです。例えばこれまで設計のキャリアを歩んでいた人も、設計の経験を活かせる技術営業や調達購買などの求人を紹介してもらえます。

また、業界によっては未経験でも募集している企業がありそうした求人も紹介してもらうことができます。

大手エージェントのデメリット

大手転職エージェントのデメリットは企業への質問の回答に時間がかかることです。なぜなら大手転職エージェントの場合は、転職者担当と企業担当でわかれている場合が多いからです。

企業との間にはさむ人数が増えるほど質問から返答までの時間がかかるので、質問をしたら辛抱強く待つ必要があります。

特化型(専門)エージェントの特徴

特化型(専門)エージェントの場合は、企業と転職者の間に1人のエージェントが入ります。転職者担当と企業担当を兼任するような形です。

転職者は基本的に応募する企業ごとに異なるエージェントとやりとりすることになります。

特化型エージェントのメリット

特化型のメリットは業界知識が豊富であることと質問のレスポンスが早いということです。

大手と異なり転職者側と企業側で担当エージェントが分かれておらず、企業の採用担当や部門の責任者とコネクションを持っている場合が多いです。

このため、担当企業の一歩踏み込んだ情報を教えてくれることが多いです。例えば求人の応募背景や具体的な仕事内容など。

特化型エージェントのデメリット

特化型のデメリットは紹介される求人の業界や職種が限定されてしまうことです。このため特に20~30代は転職の可能性を狭めてしまう可能性があります。

転職エージェントを複数利用する時の注意点

複数の転職エージェントを利用する場合は、求人の応募が重複しないように気をつけてください。基本的に複数の転職エージェントから同じポジションの求人に応募することはNGです。

応募が被ってしまったからといってこちら側に直接的な不利益は生じないですが、企業の手間が増え心象的にあまり良くないです。

と言いつつも、不況時に100社以上も応募したりすると、意識していても応募の重複が発生することがあります。求人に書かれている内容が微妙に違っていても同じポジションの求人だったりする場合もあったり・・・

仮にもし2重に応募してしまったと後で気がついても大抵の場合は企業側で整理してくれるので心配する必要はありません。

転職エージェントの違いで書類通過率に差がでるか?

一時期こんなことを考えて、あえて同じポジションの求人に複数の転職エージェントから応募して検証したことがあります。

私が検証した範囲では、転職エージェントの違いで書類通過率に差はありませんでした。

ロビン
ロビン

1つのポジションには1つの転職エージェントからというのを覚えておきましょう

まとめ

結局、どの転職エージェントに登録したらいいか分からない・・・という方はとりあえず大手転職エージェントに登録して、余裕が出てきたら特化型(専門)転職エージェントにも登録するのが良いです。

色んな事で言えますが、迷ったら大手にしておけば大きな失敗はないですよね。

上記で紹介している各転職エージェントの感想などもそのうち紹介したいと思います。

みなさまの転職活動が上手くいくことを切に願っております!