転職活動するなら退職後?在職中?メリット、デメリットと休職という選択

PC work FAQ

・転職考えてるけど忙しくて転職活動する時間がない。元気がない。

・会社を辞めて(退職して)から転職活動はあり?なし?

・在職中に転職活動をやった方がいいと聞くけど実際のところどうなの?

こんな不安、お悩みにお答えします。

結論から言うと、在職中の転職活動には意外と知られていない落とし穴があり、人によってはむしろ退職後に転職活動した方が上手くいくケースがあります。

この記事では、在職中に転職活動を行うデメリットや状況別でおすすめする転職活動の進め方を解説します。

これを見れば自分に合った転職活動の進め方が分かるようになるので、これから転職を検討している方はぜひご覧下さい!

この記事を書いている人↓

外資メーカのエンジニア。一度転職に失敗するもその後大手企業へ転職成功、年収UPさせた実績アリ。転職回数は過去3回。実体験をベースに転職活動のノウハウを紹介!

robiをフォローする

転職活動を在職中に行うデメリット

いきなり、一般的な常識とは真逆の考えから話します。在職中に転職活動を行うデメリットについてです。

転職に関するどんな情報を見ても基本的に在職中に転職活動をするのが良しとされています。

これは退職後、つまり収入がない状態で転職活動をしてしまうと、焦りから転職活動が上手くいかないということです。

確かに一理あるのですが、在職中の転職活動と退職後の転職活動の両方経験した私から言わせてもらえると、この説には2つの大きな落とし穴があります。

①今の仕事を基準に転職先を考えてしまう

多くの人は今の年収や地位などに固執してしまいがちです。人間は何かを得るより何かを失う方を嫌う習性があるからです。

例えば基本的に待遇を上げる(年収をあげる)場合は、同業界もしくは同職種で転職活動をすすめるのがセオリーです。なぜなら採用側にとっては、即戦力として期待されそれに見合う報酬を得られるからです。

ただ、年収UPが転職の目的ならそれで良いのかもしれません。ですが私は・・・

自分は仕事を通じて何を成し遂げたいのか?

理想のワークスタイルは何なのか?

などなど・・・いちど立ち止まって、自分を見つめなおす時間をつくることも重要だと思います。

色々と考えた結果、自分が今回の転職で真に実現したいものが、これまでの業界や職種から大きくはずれるものだとしても、今の仕事と比較してしまい、結果本当に実現したかったものから遠ざかってしまうということはよく聞きます。

ロビン
ロビン

一度仕事から離れて、ゼロベースで考える時間を作ってもよいと思います。人生長い目で見たとき、あとになって立ち止まる時間をとってよかったと思えるようになるかもしれません。

②転職活動自体がてきとうになってしまう

これは単純に日々の仕事に追われ転職活動にさく時間がなかなかとれないという人が当てはまります。

なにごともそうですが、こと転職活動においてはなおさら、準備が非常に大切です。どれくらい周到に準備するかで結果が大きく変わってきます

ひとつの職務経歴書を複数の企業につかいまわしていたりしませんか?

企業研究は会社サイトをさっと見るだけで終わらせていませんか?

当てはまる方は、転職活動に十分時間をとれていない可能性があります。

ロビン
ロビン

そのうち転職活動が面倒くさくなって今の職場のままでいいか~となってしまうことも・・・そうなっては本末転倒です

自分で退路を断つというのは勇気のいる選択ですが、仕事を辞めると本気にならざるを得ないので、選択肢としてはアリだと思います。

タイプ別でおすすめな転職活動の進め方

ここでは転職活動を在職中または退職後どちらで行うか?それぞれにおすすめな人のタイプをご紹介します。

在職中の転職活動がおすすめな人

在職中の転職活動がおすすめなタイプ
  • 残業や休日出勤が少なくアフターファイブや休日の時間を有効活用できる
  • 有給休暇が取得しやすい(面接時に会社を休む必要がでてくるため)
  • 転職で実現したいことが明確な人

退職後の転職活動がおすすめな人

退職後の転職活動がおすすめなタイプ
  • 仕事が忙しく平日や休日に自由な時間をとるのが難しい
  • 転職で実現したいことが不明確でゼロベースで考えていきたい
  • 貯金に余裕がある人(だいたい生活費1年分くらい)

「いいとこどり」の休職という選択

会社に籍は残しつつ自由に時間を使える休職期間に転職活動をするのが賢いやり方かもしれません。

休職中にも一定額の給与が支給される会社もありますし、完全な無収入よりも焦りは少ないです。

時間にも余裕ができるため、今後についてじっくり考えることができますし、転職活動の準備も入念に行うことができます。

休職を切り出すタイミングに神経を使いますが、これさえ乗り切ってしまえばOKです。

また履歴書に空白ができない(無職期間がない)のもメリットです。空白期間があること自体マイナスになることはないですが、この期間はなにをしていたのか面接で聞かれる確率は高いです。

まとめ

この記事では、一般的によしとされる在職中に転職活動をおこなう際の落とし穴やタイプ別でおすすめな転職活動の進め方をご紹介してきました。

人にもよりますが、転職活動が初めての人は、転職活動が想定より長期化するリスクがあるため、在職中(できれば休職中)に転職活動を行うことをおすすめします。

ですが、体調を崩したり、他にもすぐに仕事を辞める必要がある場合はその限りではありません。またご自身の性格(慎重派 or 大胆派)による部分も大きいと思います。

ぜひ自分にあった転職活動の進め方を見つけていただければと思います。

それでも自分にあった進め方が分からない人は、これまでも数多くの転職者の相談に乗ってきたプロである転職エージェントに相談するのがよいかもしれません。

私がオススメしている転職エージェントはずばり「JACリクルートメント」です。数ある転職エージェントサービスを使ってきましたが、ここは優秀なエージェントが多い印象です。

無料で相談にのってくれるので、下にいちおうリンクを貼っておきます。

みなさまの転職活動が上手くいくことを切に願っております!